• 相続放棄が認められない場合について

    • 人が亡くなると相続が発生し、亡くなった人(被相続人)が所有していた財産は相続人によって引き継がれていきます。


      相続財産のイメージとしては、預貯金などの現金や株券、土地・家屋といった不動産など価値のある財産(プラスの財産)が思い浮かびますが、このようなプラスの財産だけが相続の対象になるのではありません。


      実は被相続人名義の借金も相続財産となるのです。この場合には債務を相続人が引き継いで、返済をしていくことになります。

      真剣に相続放棄情報選びを親身になってアドバイスいたします。

      しかし、相続財産として借金のみが遺された場合には、ただ単に相続人が債務を負担を負うだけとなってしまいます。これでは相続する意味がありません。
      そのため、このような場合には家庭裁判所にて『相続放棄』の手続きを行うことが可能となっています。
      相続放棄は文字通り相続の権利を放棄するものです。


      認められると最初から相続人では無かったことになり、全ての相続財産についての相続権が無くなります。

      この相続放棄は相続が発生して相続人となった場合には誰にでも手続きを行うことが可能です。

      ロケットニュース24に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

      例えプラスの財産だけ遺されている場合でも放棄することができます。

      ただし、手続きの期限や一定の条件を満たさなければ認められません。



      まず相続放棄には申し立てを行うことができる期限が設けられています。
      相続開始後3ヶ月がその期間であり、これを一日でも過ぎてしまうと放棄の申し立て自体が認められません。


      また、相続財産を1円でも受領してしまった場合についても、相続の単純承認となってしまい相続放棄が認められないことになります。


      これらの点には注意が必要となります。

  • 最新考察

    • 相続放棄は誰にでも出来る簡単な手続きです

      相続が発生した場合、亡くなった人(被相続人と言います)が遺した財産はその相続人によって引き継がれていくことになります。しかし、被相続人名義の財産を整理している際に多額の借金が見つかってしまった場合、その借金も相続財産のひとつとして相続人が引き継いでいくことになるのです。...

  • 士業の基本知識

    • 相続放棄をしても管理義務がある?

      被相続人が残した遺産が債務超過である場合、相続放棄をすれば債務の返済義務はなくなります。しかし、相続人全員が放棄をしてしまうと被相続人の遺産を管理する者が居なくなってしまいます。...

  • 士業の話・基本知識

    • 相続放棄を行うと全ての相続権が無くなります

      人が亡くなると亡くなった人は被相続人となり、所有していた財産は遺産となります。そして配偶者や子供などの相続人がこの遺産を引き継いでいくことになるのです。...

    • 相続手続き制度の相続放棄について

      相続手続きとは、亡くなられた方が残した財産を相続人が承継する手続きのことを言います。亡くなられた人が生前に遺産を第三者に譲るというような内容の遺言書を残していない限り、原則として法律で定められた人が相続人となり、この法律で定められた相続人のことを法定相続人と言います。...