• 相続手続き制度の相続放棄について

    相続手続きとは、亡くなられた方が残した財産を相続人が承継する手続きのことを言います。

    亡くなられた人が生前に遺産を第三者に譲るというような内容の遺言書を残していない限り、原則として法律で定められた人が相続人となり、この法律で定められた相続人のことを法定相続人と言います。

    法定相続人の選択肢には、相続を承継するだけでなく相続放棄の手続きも選ぶことができます。


    遺産には、不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく借金などの負の遺産もあります。

    基本的にプラスの財産だkを相続することはできないため遺産を相続する決断を下した場合はマイナスの財産も同時に相続しなければなりません。



    ただし相続するプラスの財産のを限度としてマイナスの財産を相続する限定承認という手続きもありますが、マイナスの財産が多いと分かった場合は相続放棄を選ぶことが最善の選択だといえます。プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多いと分かった場合、相続人は被相続人がなくなったのを知った日から3カ月以内に家庭裁判所へ相続放棄の申請をする必要があります。

    nanapiは絶大な支持を受けています。

    申請が認められれば借金を背負わされることもありません。



    さらに、プラスの財産が多い場合でも不動産などのお金に換えにくい場合もあり相続税の支払いが困難なこともあり得ますので、このような時も相続放棄を検討する必要があります。

    できれば生前に家族内で財産の話をしていたほうがのちのトラブルを未然に防ぐことができます。

    亡くなって慌てて財産を調べても3カ月という期間はあっという間に過ぎてしまいます。
    弁護士などの法律の専門家に相談するのも一つの有効的な手段です。

    専門家のアドバイスを貰って相続を承継するか相続放棄するかを慎重に決めるようにしましょう。