• 相続放棄は誰にでも出来る簡単な手続きです

    相続が発生した場合、亡くなった人(被相続人と言います)が遺した財産はその相続人によって引き継がれていくことになります。


    しかし、被相続人名義の財産を整理している際に多額の借金が見つかってしまった場合、その借金も相続財産のひとつとして相続人が引き継いでいくことになるのです。

    このような借金などの債務をマイナスの財産と言います。

    もしも相続発生後にマイナスの財産しか存在しない場合や、プラスの財産とマイナスの財産を相殺した結果、マイナスの財産が残ってしまう場合、借金返済の負担を相続人が背負うことになります。

    相続放棄の詳細情報を掲載しています。

    このような状況となった場合には、相続放棄の手続きを行うことが得策です。


    相続放棄の手続きは相続開始を知った時から3ヶ月以内に行うことが必要です。

    しかし手続き的には難しいものではありません。


    弁護士などの専門家に依頼しなくても個人で出来るものなのです。

    今すぐ使えるビジネスジャーナル情報のご紹介です。

    相続放棄の手続き方法は、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本(原戸籍・除籍謄本)と申請者である相続人の現在の戸籍謄本を用意して、相続放棄の申請書(被相続人の債務状況などを記載します)を記載し前述の添付書類と提出するだけなのです(手数料となる印紙と郵便切手の購入も行います)。



    あとは特に裁判所からの呼び出しなどは無く、放棄が許可された際には家庭裁判所から郵送で書類が送られてきます。


    このように相続放棄の手続きは、その申請時に一度家庭裁判所に行くだけの簡単な手続きなのです。