• 相続放棄をしても管理義務がある?

    被相続人が残した遺産が債務超過である場合、相続放棄をすれば債務の返済義務はなくなります。

    相続放棄の手続き情報が絶対見つかります。

    しかし、相続人全員が放棄をしてしまうと被相続人の遺産を管理する者が居なくなってしまいます。

    @niftyニュースに関する情報が満載です。

    もし、そうした状況になると、民法の規定により相続放棄をした相続人が管理義務を負わなければいけません。

    つまり、空き家となった家にゴミが散乱して異臭がする、台風などにより倒壊したなどの問題が発生した場合は、放棄をした相続人が後始末をしなければいけなくなります。
    このように相続人全員が相続放棄した場合や、あるいは相続人が不明である場合は、家庭裁判所に申立てを行う事で、その管理義務を免れる事ができます。
    相続財産管理人は、原則として家庭裁判所が被相続人に対して債権を持つ者、特定遺贈の受遺者などから申立てを受けた場合に選任します。
    主な業務は、遺産と債務の支払い先(債権者)の調査、債務を返済する為に必要な売却等の手続き、債権者に対する配当であり、返済は債権者に対して平等に行われます。


    また、全ての返済を終えてもなお遺産が残る場合、その遺産は国へ帰属する事になります。



    ただし、申立ての際には数十万円から百万円近い予納金が必要である為、財産より債務の方が多い場合に相続放棄が行われた場合は、費用の回収が困難である事から相続財産管理人の申し立てが行わないケースもあります。

    このように相続放棄をしているのに遺産を管理しなければならないような八方塞がりの状況になる場合は、弁護士などの専門家に相談した方が良いでしょう。