• 相続放棄を行うと全ての相続権が無くなります

    人が亡くなると亡くなった人は被相続人となり、所有していた財産は遺産となります。

    相続放棄の手続きはとにかくお勧めです。

    そして配偶者や子供などの相続人がこの遺産を引き継いでいくことになるのです。

    ガジェット通信を手軽に利用してみませんか?

    しかし遺産といっても預貯金などの現金や株券、土地や家屋などの不動産だけとは限りません。

    被相続人名義の借金などの負債も相続財産のひとつとなるのです。

    このような財産をマイナスの財産と言います。

    通常は預貯金や株券などのプラスの財産を同時に引き継ぐことによって相殺するケースが殆どなのですが、中にはプラスの財産は無く、マイナスの財産のみが相続財産として遺されているようなケースも存在します。このような場合には早急に相続放棄の手続きを行う必要があります。

    なぜ早急でなければならないのかと言いますと、相続放棄には申請の期限が設けられているためです。

    相続開始を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てる必要があり、これを一日でも過ぎてしまうと相続放棄の手続きが不可能となってしまうのです。

    家庭裁判所から相続放棄が認められると、最初から相続人としての立場ではなくなりますので、被相続人に関する一切の相続権が消滅します。
    結果、借金などのマイナスの財産も引き継ぐ必要が無くなるのです。


    全ての相続権が無くなることになり、たとえ相続放棄の手続き後に多額の預貯金などが発見された場合でもその相続権は認められません。



    ですから、放棄の手続きを行う際には被相続人の所有していた財産の調査を念入りに行うことが重要となります。